手拭い・伴天 の販売とオリジナル製作

楽しい繊維の
ものづくり


 
「古きよき日本人の心」を大切に、繊維にこだわりを持ち、
和装や手拭い製造に至るまで、時代に適したものづくりを行っております。






東京和晒株式会社は、お客様の用途に合せてオリジナル手拭いや、

半纏、暖簾の受注生産をしている会社です。
葛飾区立石の、昔ながらの雰囲気残る住宅街に会社はあります。

そんな東京和晒は、手拭い作りの文化がもっと世界へ広がり、
たくさんの人が手拭いに興味を持ってもらえるよう、
会社の隣に「東京和晒創造館」を設立しました。


●注染で手拭い染め体験ができる「てぬクリ工房」         
●たくさんの手拭いと個人作家さんの手拭いが買える「てぬクリ空間


これらが備わった東京和晒創造館は、今日も多くの方に
「ものづくりの楽しさ」を感じていただいています。

東京和晒株式会社はこれからも様々な方法で
”楽しい繊維のものづくり”を、広く発信していきます。
 




 

 
  社歴
 
さかのぼる事 約130年前の1889年。中川と荒川に挟まれた豊富な水を利用した
「小幅綿布」の晒(さらし)を生業とする「丸三晒」を東京都葛飾区にて創業。
そこから約60年後の1947年、東京和晒有限会社を発足。本格的にゆかた晒の
工業化に踏み切りました。
そして、ゆかたの需要は戦後、花柳界を中心に漸増し1954年頃には最盛期を
迎えましたが、洋装文化の広まりとともに徐々に斜陽化が進みました。

1965年、株式会社へ改組すると共に、洋装部門へ進出しはじめましたが、
2011年にはファストファッションの台頭などにより、
晒工場を閉鎖する事となりました。

その後、2013年に新たな「手拭作り文化」の創造拠点として、
東京和晒創造館をオープンしました。
手拭染体験教室の開催と、クリエイターの手拭販売など、より多くの方々に
手拭の魅力を知っていただけるよう、ここから手拭い文化を発信しています。
 

 
 
 企業名   東京和晒株式会社
所在地  〒124-0012 東京都葛飾区立石4-14-9
電 話  03-3693-3333(代表)
FAX  03-3694-7788
HP  http://www.tenugui.co.jp/
代表者  代表取締役社長 瀧澤一郎
創業  1889年 (明治22年)
設立  1947年(昭和22年)
事業内容  手拭・ゆかた・半纏・のぼり・旗などの企画・デザイン・ 製造販売




 
東京和晒は関東注染組合に所属しています。