手ぬぐい・伴天 の販売とオリジナル製作

鶏と卵の花 sh0010054




酉は鳥ですが、もともとは酒つぼを意味し、収穫した果実から酒を作るという行為に由来したという説があります。
成熟した状態などを表すため、「成る」「実る」「成熟」の意味があります。


★第14回東京和晒手拭デザインコンテストのグランプリに輝いた、yuoさんの作品です★

《作者コメント》
一日の初めにに昇る太陽をイメージして
朝一番に鳴く鶏と、一番早く咲く梅の花
年の始めから明るく元気に迎えられますように
(梅の花は卵に見立ててみました)


【生地】特岡
【幅】約36cm
【長さ】約90cm
【染色方法】注染
【色】黄色

 

1,080円(税80円)

定価 1,080円(税80円)

おすすめ商品